とあるテレビ番組を観てジャーナリズムについて考えた その2


果たしてこの番組は、難民やNPO団体の人達の気持ちを正しく伝えているでしょうか。私は全くそう思いません。難民の人にとっては、もちろん移住するなんて並大抵のことではないだろうし、上記のように不満もたくさんあるでしょう。でも8年住んでいるのだから、日本に対して不満だけではない感情がたくさんあると思います。日本語を勉強している時、生活の中で日本人と関わる時、子供達が日本の学校で生活している時、どんな事を感じているのでしょうか?NPO団体の人達にも、色々な考えがあると思います。なぜ難民の人達を支援しようと思ったのか、その動機は?具体的には難民問題についてどのように改善されるべきだと考えているのですか?今の時点で難民受け入れに積極的になれない日本にも同じく、様々な背景が存在していることを私は知っています。難民の数が増加しているのにも関わらず、なぜ受け入れの数を上げる事はできないのか?受け入れる難民の数が増えると、どのような問題が予想されるのか?このような事を掘り下げたら、少しは深みのある内容になるのではないでしょうか。

 

まとめると、この番組は、制作者の思いだけが突っ走っているせいで、難民の人達は不満だけを抱えた身勝手な存在、NPO団体人達は正義感が強いだけの浅はかな存在に見えてしまっています。弱者の側に立てば、何でもジャーナリスティックだとでも考えているのでしょうか。本当にダメな番組だと思います。こんなの公共の放送で流さないでください。多様な視点、様々な利害、複雑な思い。これらをきちんと全て伝えた上で、視聴者に単純な答えの無い問題について考えさせる。それが正しいジャーナリズムではないのでしょうか。

 

 

 

 

 

とあるテレビ番組を観てジャーナリズムについて考えた その1

メモ。今日テキトーにテレビでついてた番組を片目で見ていたのですが、あまりにひどくて結果的にじっくり見ました。(笑)

 

テーマは難民。セルビアやトルコから日本にやってきた難民と、難民を支援しているNPO団体の人達に焦点が当てられています。

 

結論から言うと、まずこの番組の悪い点は、難民側の言い分だけを提示する一方的な視点で作られていること。次に、出てくる話全てに疑問点が多く、1ミリも掘り下げられていない薄っぺらい内容であること。そして結果一番悪いのは、この番組を見た人に、難民を哀れむか、難民に反感を持つかの偏った印象しか与えないこと!

 

もう少し内容を詳しく説明します。まずここで取り上げられている難民とは。難民として日本にやって来る人たちは、まず観光ビザで日本に入国するらしいです。その後入国管理局に出向き、難民申請をして認定されれば晴れて難民として日本に住めるのですが、認定されなかった場合、不法滞在となり母国に強制送還されます。ただ、病気や家族の事情などの事情があれば、特別措置が適応され、一時的に日本に滞在する許可が降りるというのです。

 

番組にはこの制度により日本に8年滞在している難民の家族が出てきます。就労も移動も禁止されているため、稼ぎはなく、県外に出ることもできません。そのため、日本人と結婚した兄からの援助に頼って生活しています。子供は3人。

 

この家族がインタビューで日本の難民受け入れ体制に対しての不満を述べます。「定期的に一時滞在許可をもらいに行っているが、いつ許可が降りなくなって母国に強制送還されるか分からず不安だ。」「以前突然身柄を拘束されて困ったし、そのせいで子供達が日本人に対して悪いイメージを持たないか心配だ。」「日本の食べ物を食べ日本語で生活して子供達は日本の学校に行っている。だから受け入れて欲しい。」

 

おそらく単純で素直な人はこう考えるでしょう。「難民の人達かわいそう。」「不安に苛まれて苦しいに違いない。」「身柄拘束なんて何も悪いことしていないのにひど過ぎる。」「今すぐに難民をもっと受け入れるべきだ!」

 

そして以下が私がこの部分を見て抱いた第一印象。は?ですよ。は???子供達の年齢は不明だけど明らかに少なくともその内のふたりは8歳以下。そんなに不安な状態でよく子供作れますね!拘束なんかされて子供達が日本人嫌いにならないか心配とか、その前にお前が8年も住まわせてもらってることに感謝することを子供達に教えろよ!家も広いみたいだし、学校にもちゃんと行けるんだ。みんな日本語ペラペラだけど、誰に教えてもらったん?働いてないのにずいぶんと良い暮らししてんな!正直な感想です。

 

ご覧の通り、一方的に難民側の不満だけを並べたてて、なぜそう簡単に難民認定できないのかは全く説明しないこの番組の作り方では、両極端な反応しか生み出しません。物事には必ず背景があります。その背景をきちんと映し出さずに、表面だけにスポットライトを当てて見せるだけでは、事実を伝える事も、正しい考えに導く事もできません。

 

もうひとつ例があります。番組には、難民の他に、難民を支援している日本のNPO団体の人達も登場します。難民の人達の相談に乗ったり、一時的に住む場所や食事を提供しているようです。しかし、ここでも浅くて薄っぺらい話しか出てこない。「私達は困ってる難民を助けたいんです。」「いつも大丈夫何とかなるからと励ましているんです。」...あ、はい。そうですか。じゃないですか?そんな表面的な話だけ聞かされても全く響かない。あなたたちが何がしたいのか分からない。ここでもまた疑問が膨らみ、表面的な事しか知らないまま。訳の分からない主張に反感だけが増幅されていきました。

グループディスカッション講座!だりぃ〜

今日は大学でやってる就活のためのグループディスカッション講座に参加して来ました。流れとかテクニックはネット上にたくさん転がっているので、特に覚え書きはしません。でもメンターの人が言ってて一番大事かなと思ったことは、自分の強みを意識してアピールすること

 

例えばわたしはバンバン意見を出したり、リーダーシップを発揮してチームを動かしたり、ということは得意じゃないとよく分かってる。だから時間配分を気にしてみんなにリマインドしたり、書記を引き受けて議論をまとめたり、議論が逸れた時にそれを指摘して軌道修正したりといったことを自分の役割であると認識して試験官にアピールしていく。

 

メンターの人もわたしがゴーゴータイプじゃないって分かってたので、「君は場を和ませたりすることができるタイプだと思うから、議論が行き詰まったときに突拍子もないこと言ってみんなを笑わせたりできれば、良いポイントになるよ」って言ってました。...わたしにはアホなこと言って笑わせる役割が似合うだと...?こいつ失礼じゃない...?と思ったけど確かにそういうことかもしれない。

 

みんなを引っ張って、良い意見たくさん出して、時計を気にして、メモして、みんなに配慮して、軌道修正して、場を和ませてってひとりだけでできるはずがない。それにバンバン意見言う人ばっかりが集めてしまったら、その人たちが会社入ってディスカッションする時にも、ぶつかり合って、話逸れて、時間かかって、険悪になってしまうかもしれない。だから企業が求めてるのは必ずしもたくさん喋る人だけじゃなくて、気配りができたり、緩衝材になったりする人でもある。要は集団の中で何かしらの役割を担ってそれをきちんとこなせているかを見られているんだと思う。

 

だからまずは集団の中での自分の役割を意識することが先決。できないことをやる必要はない。自分がこれならできるって思える役割を見つける。そうしたら今度は議論の中でその自分の強み・良さに集中して存分に出していけば良い。

 

以上が今日の講座で学んだことです。まあどんな役割を引き受けるにしろ、発言する・意見を言うということは、ディスカッションする上での最低条件であることを忘れちゃいけないなあと思います。

 

メンターさんわたしの良さを見つけてくれてありがとう!

 

おわり

 

マドリードでのんびり美味しいもの探し

マドリード、観光スポットが面白くない!というわけで美味しいもの探しに徹することに。(結局定番ばっかりだけど)

 

サン・ミゲル市場

まず初日に行ったのがサン・ミゲル市場。美味しそうな魚介系のタパスや果物のジュースがたくさんありました。高いとネットには書いてあったけど、小さい量で色んな種類のものが楽しめるのでとても良かったです。わたしたちはひとつ€1のパンの上にタコが乗ったやつ、

f:id:bluesand34:20170615001734j:image

と€7のパエリアを食べました。

 

エビのアヒージョとかも食べたかったけど結構お腹いっぱいになっちゃったので諦め。レストランでパエリア食べるとだいたい強制的に二人分になって€20は超えちゃうけど、そのくらいあったら市場で結構色々食べれちゃうのでお得感あるし楽しいと思います。

 

San Ginés Chocolateria

ここはチュロスの人気店みたいです。ホットチョコレートチュロス6本で€4。おやつなら2人でひとつで十分な感じです。

f:id:bluesand34:20170615003809j:image

イギリスとかだとホットチョコレートはココアのことだけど、スペインではそのまんまチョコレート溶かしたやつみたいですね。このホットチョコレートチュロスにつけて残った分は飲むみたいだけど、甘さ控え目なので意外といけちゃう。とか言いながら飲んでたら後で気持ち悪くなりました。でもお店も広くて綺麗だし、チュロスも美味しくて小腹満たすにはぴったりだったので満足です。ただクレジットカード使えるって書いてあるのに一番目玉の商品€4だけだと安すぎて使えないって言われたのでイラっとしました。マドリードチュロス食べたければ行く価値あり。

 

Meson del Champiñon

キノコのお家?って意味かな?フランス語と似てるので推測してみただけです。実はイギリスに留学するまでマッシュルームを含めキノコ類全て大嫌いだったのですが、留学中に時々食べてるうちになぜか大好きになってしまいました。そもそもレストランで使われてる食材の種類が少ないから食べざるを得なかったんですねきっと。まあそんな大好きなマッシュルームを使ったある料理を食べたくてやって来ました。これ!

f:id:bluesand34:20170615005230j:image

マッシュルームの軸があったところにたっぷりのオリーブオイルと肉厚なチョリソーが入ってる。じゅる。爪楊枝が二本ささってて食べにくかったけどめっちゃ美味しかったです。もっかい食べたい。これは確か€7.30。カウンターだと若干安い。頼んでないのにパン付いてきてわーいって言ってたらちゃっかり€0.50取られてました。ちゃっかりしてる。でもパンを残ったオイルにつけて食べるのもすごく美味しかったです。パンは要ります。店内、可愛かった。絵の中の人もこれ食べてた。

f:id:bluesand34:20170615050043j:image

おすすめのお店。

 

Museo del Jamón

ハムの博物館!ここはめちゃくちゃ安いと噂のお店。チュロスとマッシュルームでお腹いっぱいだけどとりあえずやってきました。だって大っきい生ハムをフランスパンみたいなんで挟んだサンドウィッチが€1!ワインやジュース、他のいくつかのメニューも€1のものがありました。味はまあ値段相応。本当に生ハムをパンで挟んだだけの味。写真は撮り忘れたけど想像通りの見た目。このサンドウィッチ以外にも普通のレストランみたいなメニューもたくさんあって美味しそうでしたよ。けど値段は他のレストランと同じか少し安いくらい。お金はないけどとりあえずお腹を満たしたいという時に良いと思いました。美味しいもの食べたいなら特におすすめはしません。

 

一日半しか滞在せずたくさんのお店に行ったわけではないので分かりませんが、ネットで調べた限りだと美味しそうなお店がたくさんありそうでしたよ。マドリードの観光に飽きたら美味しいもの探しがいちばん良いと思います。あと、後で分かったのですがプラド美術館、平日18時以降は無料らしいですよ。行けば良かった(ToT)まあ、また来ます。たぶん。

 

 

おしゃれ・おいしい・おとく!もう一度行きたいロンドンの人気レストランおすすめリスト

イギリス留学中に訪れたロンドンにあるレストランの中で特に気に入ったお店を紹介しています。そんなにお金はないけどお洒落で美味しいロンドンの人気店に行きたいひと向け。あくまでわたしの主観なので参考程度に!

 

Speedy's Sandwitch Bar & Cafe

ユーストン駅付近にあるお店です。BBCドラマSHERLOCKファンの間では言わずと知れた有名店。まさにシャーロックとジョンの家221Bのドアの真横。(まさかのロケ地ベーカーストリートではないという事実。)

f:id:bluesand34:20170616061224j:image

ドラマには彼らがこの店内で食事をするシーンも登場します。店内にはシャーロックとジョン役のベネディクトカンバーバッチとマーティンフリーマンの写真もたくさん。でもシャーロックファンでもなくてもきっと気に入るはず。なぜなら安くて美味しいオーセンティックなイングリッシュブレックファストが食べれるから!わたしは2回とも朝の時間帯に行きましたが、安くて美味しいのに加えてボリュームもたっぷりで、盛りだくさんなロンドン観光のスタートにぴったりだと感じました。おすすめはこれ

f:id:bluesand34:20170616060255j:image

その名もシャーロックブレックファスト。シャーロックファンにはどストライク、そうでない人にもサーモンとアボカドは魅力的。これで£8.50。この素材そのままですって感じがとてもイギリスっぽい。(褒めてますよ。)もちろんベーコンやウインナー、ベイクドビーンズ、トーストなどが乗った典型的なイングリッシュブレックファストのメニューも£5くらいからあります。お昼の時間帯には行ったことがないのでメニューについてはよく分かりませんが、地元の人っぽい人もたくさんいて店員さんも親切な雰囲気の良いお店なので、きっと満足できると思いますよ。

Speedy's Sandwitch Bar & Cafe 
187 N Gower St, Kings Cross, London NW1 2NJ
https://goo.gl/maps/XPMvYpSJq3y

 

Flat Iron

コベントガーデンにあるステーキショップ。リーズナブルに美味しいお肉が食べれると噂の有名店。コベントガーデンにあると書きましたがチェーンなのでその他の場所にもいくつかあります。ここのメインのメニューはひとつだけ。これです

f:id:bluesand34:20170616071924j:image

レアの分厚いお肉で、まさにお肉!って感じでした。噛めば噛むほど味が出てくる。ああなんかお肉食べたい〜って気分の時にぴったり。小さいカップに緑の野菜が入ったのがついてきます。当時胃袋の膨張が止まらなくなっていたわたしは、最初に運ばれてきた時、あれ?ちっちゃ。とか思ってしまいましたが、食べたらこれが多い多い。最後食べきれなくて友達にあげました。これで£10はかなり安いと思います。サイドメニューのナスのなんとかも食べましたが美味しかったですよ。店内は暗めで少し大人な感じ?といっても堅苦しい感じは全くなく、高級感あるのに居心地の良いお店でした。どのくらいか忘れてしまいましたが、確かサービスチャージがいくらかかかったと思います。

Flat Iron

17-18 Henrietta St, London WC2E 8QH
https://goo.gl/maps/WmVvgaZzrSL2

 

Pho & Bun

ソーホーにあるベトナム料理のお店です。好き過ぎて3回行きました。日本にいた時からフォーに目がないので行ったら必ずフォーを食べます。これです

f:id:bluesand34:20170616052322j:image

フォーを注文する時は、何種類かあるトッピングから選びます。手前のはレア薄切りの牛肉(Rare Sliced Beef)、奥のはシーフードです。もやしとパクチー、唐辛子(めっちゃ辛いので気をつけてください)、レモンは必ずついてきます。真ん中にあるのがチリマンゴーカクテルとかそんな感じの名前(よく覚えていません)のお酒です。チリなのでピリッとヒリヒリするのですが甘ーいマンゴーの味もしっかりします。今まで味わったことのないすごい味でした。ぜひ試してみてください。ベトナムすごく行きたいのにまだ行ったことがないので、本場の味かどうかは分かりませんが、日本人の口に合う優しい繊細な味だと思います。かなりおすすめです。

フォー以外にも春巻き(Spring Roll)や、生春巻き(Summer Roll)、ベトナム風チャーハン(Vietnamese Traditional Fried Rice)も食べましたが、どれも美味しかったですよ。

f:id:bluesand34:20170616065835j:image

£22のコースをふたりでシェアすることも可能なようです。隣の人たちが食べてて良さそうでした。また女性のひとり客などもよく見かけるので、ひとり旅の方にも入りやすいのではないかと思います。ちなみにサービスチャージ12.5%つくので気をつけてください。

Pho & Bun

Sparrow & Trieu Solicitors, 76 Shaftesbury Ave, London W1D 6ND
https://goo.gl/maps/ZAPkWWDczau

 

BAO Soho

ソーホーにある台湾料理のお店です。もう一店どこかにあります。かなりの人気店でいつもすごい列ができているので、気になって行ってみました。12時開店で15分過ぎたくらいに行きましたがギリギリ入れました。わたしたちの入ったすぐ後にお店の前に列ができ始めていました。ここの目玉商品はグアバオ(刈包)という台湾式ハンバーガー。これです

f:id:bluesand34:20170616062701j:image

手前がラム肉とパクチーソース、奥が豚肉とピーナッツパウダーのやつです。ひとつひとつが丁寧に作られていて、見た目も味も大満足!ひとつ£4.5〜6。でも少し小さめでこれだけだと足りないので、他のも

f:id:bluesand34:20170616062733j:image

これも全体的には小さめですが炊き込みご飯みたいなやつの上に、鶏肉、卵、フライドオニオン、漬物(何かよくわからない)がどっしり乗っていて、とても美味しかったです!頼んでる人多かったのでこれも人気メニューみたいですよ。名前忘れましたがなんちゃら飯って書いてあったと思います。このお店半分がカウンター席なのでおひとり様にもおすすめです。またここもサービスチャージがあり12.5%です。

さてお金払って帰ろうっとなったところで突然お姉さんがこれ

f:id:bluesand34:20170616064408j:image

持ってきてくれて、作りすぎちゃったので帰り歩きながらでも食べて(ニコッ)と言ってくれてテンション爆上がり。これ食べたいねって言ってた揚げアイスクリーム包!味はもちろん抜群、店内もお洒落で清潔、サービスもばっちりで満点なお店です。

BAO Soho
53 Lexington St, Carnaby, London W1F 9AS
https://goo.gl/maps/2f7uTzQo31z

 

Misato

中華街の正門のすぐ横にある日本食のお店。最初は一年くらい日本食なんか食べなくても全然大丈夫でしょ!なんて言ってましたが意外と恋しくなってしまうものです。特にイギリスみたいにご飯が美味しくないと言われているような国では。別にそういうわけじゃない人もロンドンで日本食食べたくなったらぜひ。わたしはお寿司と

f:id:bluesand34:20170616074231j:image

天ぷらそばを食べました。

f:id:bluesand34:20170616074316j:image

他のお店で食べたり見たりした日本食どれもいやこれ違うじゃんとなっていましたが、ここのは本当に日本の味。久々のちゃんとしたお寿司とおそばに軽く感動を覚えました。ディスイズスシ!ディスイズテンプラソバ!友達が天ぷらカレーうどん(そんなん日本にあったっけ?みたいなちょっとおかしなメニューもいくつかあります。)を食べてて一口もらいましたがそれもとても美味しかったです。美味しいのはもちろんのこと、量の多さと値段の安さもここの良さ。メインのメニューがそれぞれ£5〜10くらいだったと思います。正確にはあまりよく覚えていません。ごめんなさい。現金のみ取り扱いです。

Misato
11 Wardour St, Soho, London W1D 6PG
https://goo.gl/maps/A1KFWqXc5ev

 

Kanada-Ya

トテナムコートロード駅近くのロンドンで人気のラーメン屋さんです。道を挟んで向かいに一風堂があります。食べ比べてはいないのでどちらが良いのかとかは分かりませんが、とても美味しかったのでおすすめです。このTONKOTSU X £10.50

 f:id:bluesand34:20170616070127j:image

 とCHASHU DON £4 をいただきました。

f:id:bluesand34:20170616075210j:image

 メニューなんかカッコいいですね。トンコツエッックス!ラーメンにこだわりがあるひとってたくさんいますよね。わたしは醤油でも味噌でも豚骨でもラーメンはラーメンでしょと言ってしまう方なのであまり信頼できないかもしれませんが、とても美味しかったです。特にきくらげ大好きだけどイギリスではほとんど食べれないので嬉しかったです。一年経ってきくらげ食べたのこれが最初で最後でした。チャーシュー丼の方は小さいのでメインにするには足りないかもしれませんが、お肉たっぷりで味もしっかり染み込んでいて満足感ありました。店内は狭いですが、回転が早いので満席でも比較的すぐ入れると思います。

Kanada-Ya
64 St Giles High St, London WC2H 8LE
https://goo.gl/maps/bPJhXumUpaR2

 

こんな感じです。これらすべて人気店なので特に目新しくもないのかもしれませんが、どれもわたしがロンドン行く機会があればもう一度行きたいなあと思えるお店ばかりです。旅の重要な目的のひとつ、食べること、に困ったらぜひ行ってみてください。