グループディスカッション講座!だりぃ〜

今日は大学でやってる就活のためのグループディスカッション講座に参加して来ました。流れとかテクニックはネット上にたくさん転がっているので、特に覚え書きはしません。でもメンターの人が言ってて一番大事かなと思ったことは、自分の強みを意識してアピールすること

 

例えばわたしはバンバン意見を出したり、リーダーシップを発揮してチームを動かしたり、ということは得意じゃないとよく分かってる。だから時間配分を気にしてみんなにリマインドしたり、書記を引き受けて議論をまとめたり、議論が逸れた時にそれを指摘して軌道修正したりといったことを自分の役割であると認識して試験官にアピールしていく。

 

メンターの人もわたしがゴーゴータイプじゃないって分かってたので、「君は場を和ませたりすることができるタイプだと思うから、議論が行き詰まったときに突拍子もないこと言ってみんなを笑わせたりできれば、良いポイントになるよ」って言ってました。...わたしにはアホなこと言って笑わせる役割が似合うだと...?こいつ失礼じゃない...?と思ったけど確かにそういうことかもしれない。

 

みんなを引っ張って、良い意見たくさん出して、時計を気にして、メモして、みんなに配慮して、軌道修正して、場を和ませてってひとりだけでできるはずがない。それにバンバン意見言う人ばっかりが集めてしまったら、その人たちが会社入ってディスカッションする時にも、ぶつかり合って、話逸れて、時間かかって、険悪になってしまうかもしれない。だから企業が求めてるのは必ずしもたくさん喋る人だけじゃなくて、気配りができたり、緩衝材になったりする人でもある。要は集団の中で何かしらの役割を担ってそれをきちんとこなせているかを見られているんだと思う。

 

だからまずは集団の中での自分の役割を意識することが先決。できないことをやる必要はない。自分がこれならできるって思える役割を見つける。そうしたら今度は議論の中でその自分の強み・良さに集中して存分に出していけば良い。

 

以上が今日の講座で学んだことです。まあどんな役割を引き受けるにしろ、発言する・意見を言うということは、ディスカッションする上での最低条件であることを忘れちゃいけないなあと思います。

 

メンターさんわたしの良さを見つけてくれてありがとう!

 

おわり